やまぐち社会貢献活動ネット

文字サイズ大中小 色合いの変更白黒青
ボランティアしたい
ボランティア募集中

メールマガジン第11号(2016.11.15)

みなさん、こんにちは。「やまぐち社会貢献活動支援ネット」メールマガジン、発行担当のイトウです。

日ごろから「やまぐち社会貢献活動支援ネット」のご活用いただき、ありがとうございます。さて、いきなりですが、みなさんは「社会生活基本調査」というものをご存じでしょうか?国(総務省)が実施する全国調査で、国民の生活時間や生活行動の実態を明らかにすることを目的に実施されているものです。調査結果は、地方公共団体におけるスポーツや文化振興、そしてボランティア活動の推進といった地域振興などに幅広く活用されています。5年ごとに実施されており、ちょうど今年度が実施年度でした。その最新結果は来年度以降に発表となるので、少し前のデータとなるのですが、この調査によると「過去1年間にボランティア活動を行った山口県民の割合」は、31%だったそうです(平成23年度時点)。概ね、ボランティア活動された方が「3人に1人」という計算になりますね。しかし、5年・10年のスパンでいわゆる地域の支え手・担い手不足は深刻さを増しており、今後さらに様々な方によるボランティアや地域活動への参加が期待されているところです。以上のような次第で、日ごろ皆さんにご利用いただいている「社会貢献活動支援ネット」が誕生した訳ですが、他にも、特に日ごろその類の活動に関わったことのない方に向けたしくみもあります。詳しくは、今回の「ミニ情報」コーナーをご覧ください。

——————————————————

◆「ボランティアしたい」登録情報のご紹介○新しく、以下のような「ボランティアしたい」方から登録がありました。
※詳細はサイトの「ボランティアしたい団体・企業・個人の一覧」をご覧ください。
※上記サイトページへの辿り方
①「社会貢献活動支援ネット」のトップページを表示
②トップページに掲載されている「表題・写真」の箇所のすぐ下にある、「ボランティアしたい」と書かれた箇所をクリック(「手を挙げている人物」のイラストが添えられた箇所です)
③「ボランティアしたい団体・企業・個人の一覧」が表示されます

[例1]
http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/boranet/dantai_d.php?no=404
・周南市の看護師のお仕事をされている、男性の方。
・看護師系だけでなく、「移動式クレーン」「ガス溶接」等の資格をお持ちの様子・防府市、下松市、光市、周南市での活動が可能だそうです。

[例2]
http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/boranet/dantai_d.php?no=400
・下関市の女性の方。
・ほとんど全ての分野の活動がOK。・全ての曜日で、8~17時といった時間帯なら活動が可能だとか。

[例3]
http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/boranet/dantai_d.php?no=190
http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/boranet/dantai_d.php?no=399
・団体からも2件登録あり!・周防大島町「島のむらマルシェ」さんと、防府市「コミュニティ有志会」さん
・「マルシェ」さんは各地で栽培・収穫された物や加工品などのマルシェを実施、「有志会」さんは地域の人材育成や職業能力の開発などの活動をされています。
○今月は、県の東部西部から幅広いご登録がありました。また、上記で紹介したような個性的な個人・団体さんからの登録もあり、さらに多様な方々の「ボランティアしたい」情報がストックされれております。

——————————————————

◆「ボランティア募集中」登録情報のご紹介

○現在、先月号でご紹介した「中山間地域活性化研究会」さんの募集もの(11月末まで)を除き、計6件の「随時募集」情報が登録されています。
詳細は、サイトの「ボランティア募集の一覧」をご覧ください。

※上記サイトページへの辿り方
①「社会貢献活動支援ネット」のトップページを表示
②トップページに掲載されている「表題・写真」の箇所のすぐ下にある、「ボランティア募集中」と書かれた箇所をクリック(「メガホン」のイラストが添えられた箇所です)
③「ボランティア募集中の一覧」が表示されます

[例1]
http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/boranet/boshu_d.php?no=27
・「デイサービスセンター空音」という施設の方からの募集情報です。・「お年寄りの方々との楽しいひとときを過ごして頂ける方」の募集。
・「普段活動しているボランティアの内容をしていただけたら」とのこと。

[例2]
http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/boranet/boshu_d.php?no=36
・「まなびデザインラボ」というNPO法人さんからの募集情報。
・「フリースクールでの活動をスタッフとしてサポートしていただける方」の募集。
・指示命令型ではない場づくりをされているそうなので、その点ご留意ください。

——————————————————

◆画面上の操作がわからない場合はココを参照!
○「あいかさねっと」のHPまで行ったはいいけど、「あの情報を見たいのに、どうすればその情報が出ているページまで行けるのかわからない・・」と感じたことはありますか?○「お目当てのページまで行きつく手順(操作方法)」がわからないと思われたときは、下記に示す手順を踏んでいただくと、わかりやすい解説ページにたどり着きます。ご参考になさってください。
①「あいかさねっと」のトップページ(画面最上部に6人の老若男女がならぶ写真のあるページ)を開く。
②トップページ最上部の写真から右下の位置に、「会員登録はこちら」という囲みの部分があると思います(人物3人の並ぶイラストが付されている箇所です)。
③その囲みの、下の下に、「操作説明はこちら」というピンク色の囲みがあります。
④そのピンク色の囲みをクリックしていただくと、「具体的な操作説明を追加しました」というタイトルのページに飛びます。
⑤その飛んだ先のページの上のあたりに、青色のクリックできるアドレス(アルファベットの羅列)があるので、それをクリックします。
⑥すると、「ヘルプ目次」という画面が出ます。その画面の中に掲載されている様々な事項(青色で着色されている文字)をさらにクリックすると、その事項の具体的な操作手順が解説されているページにたどり着きます。

——————————————————
◆社会貢献・ボランティア活動「ミニ情報」~日ごろの消費活動が社会貢献に??
○山口県だけではありませんが、多くの地域において実施されている各種調査では、ボランティアに「関心のある人」が一定程度の数値を示していたとしても、ボランティアの「活動をしている人」の数値は前者の数値よりも低減する傾向にあります。
○その点では、「ボランティアや社会貢献に関心がない訳ではないけれど、会社での仕事や家庭での家事などでいつも忙しくしているので、日常で実際に時間をつくってその手の活動をする余裕がない」という層が結構いらっしゃるものと推察されます。
○このような状況を受けて、日ごろ私たちが日常生活をおくる中で、いつものようにお店で何か購入するとき、自動的に社会貢献につながるようなしくみもつくられています。
○山口県では、赤い羽根でご存じ、「共同募金会」さんが「募金百貨店プロジェクト」というしくみを運営されています。

★募金百貨店
http://www.akaihane.net/category/hyakkaten/
○たとえば、スーパーでお茶を買ったり、仕出しのお弁当を注文したり、まちなかでタクシーを利用したりといった「日常の消費行動」をとった際、サービス提供された企業が収益の一部を共同募金に寄付する・・・といったしくみになっています。

○本プロジェクトの対象となっている商品やサービスには、プロジェクト専用のマークやシールが貼られていると思います。「忙しいけれど社会貢献には関心がある・・・」といった方は、プロジェクト対象商品の購入、という形で社会貢献にタッチしてみてもよいかもしれませんね。

——————————————————

◆最後に

○今回は、「募金百貨店」のことをご紹介しました。募金百貨店プロジェクトでも多様な企業さんが登録されていますが、「あいかさねっと」も多様な立場の方々によるご登録が増加中です。増加のたび、ボランティア活動の仕方にも幅が広がることを意味します。今後も、是非ご活用ください!

○今後も、「あいかさねっと」がより使いやすいサイトになるよう、適宜工夫していきたいと思っています。お気づきの点があればご意見をお寄せください。