やまぐち社会貢献活動ネット

文字サイズ大中小 色合いの変更白黒青
ボランティアしたい
ボランティア募集中

メールマガジン 第21号(2017.9.15)

みなさん、こんにちは。「やまぐち社会貢献活動支援ネット」メールマガジン、発行担当のイトウです。
「山口ゆめ花博」・・・みなさんも、色々な機会に見たり聞いたりされていることと思います。全国都市緑化フェアとして、来年開催が予定されている、山口県のビッグ・プロジェクト。単発的なイベントではなく、開催期間が50日以上にも及ぶのもので、今後の県づくりを占うイベントです。

★山口ゆめ花博公式HP

http://yumehana-yamaguchi.com/index.html

そんな「ゆめ花博」の開催まで、1年を切りました。9月18日には「1年前イベント」として、「未来の種まきミーティング県民150人の交流ワークショップ」という催しも行われます。

★1年前イベントの内容(専用Facebookページ)

https://www.facebook.com/yumehanahaku.kenmin/

ゆめ「花」博とは言いますが、自然保護関連の限った取り組み・・・ではありません。ボランティア活動を含め、多様な立場の人たちが、ひろく山口県を盛り立てていくためのプロジェクトです。
ボランティアに携わっているみなさんも、ぜひ注目・参加してみて下さい

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆「ボランティアを受け入れたい」という団体さんへ

〇今回も多様な方々が「ボランティアしたい!」と新たに登録されました。〇登録されている方々をご覧になって、「この人にボランティアしてほしい!」と思われる方がいれば、システムを介して声がけすることが可能です。〇詳細はサイトの「ボランティアしたい団体・企業・個人の一覧」をご覧下さい。 http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/boranet/dantai_list.php [ボランティアしたい個人例]山口市の女性学生http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/boranet/dantai_d.php?no=598・「たくさんの人とお話することが好き」とのこと。・山口市で、土日の日中にボランティアが可能。・一芸として「書道・毛筆の指導」という特技をお持ちのご様子。

※「ボランティアしたい」登録者一覧の見方①「社会貢献活動支援ネット」のトップページを表示②トップページに掲載されている「表題・写真」の箇所のすぐ下にある、「ボランティアしたい」と書かれた箇所をクリック(「手を挙げている人物」のイラストが添えられた箇所です)③「ボランティアしたい団体・企業・個人の一覧」が表示されます

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆「ボランティアしたい」と思われている方々へ

〇あいかさねっと上では、現在以下のようなボランティアが募集されています。〇詳細は、下掲のリンク先ページ「ボランティア募集の一覧」をご覧ください。

http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/boranet/dantai_list2.php

[例]「0歳からのクラシックコンサート夜想会」ボランティア募集http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/boranet/boshu_d.php?no=83・活動団体「Thebeginningoftheart」さんからの情報。・コンサート当日の会場設営・案内やチケットもぎりなど

◆その他、「随時募集」も含めて、現在以下のようなボランティアを募集中!

・難病のひとなどが気楽に交流するカフェのおてつだい・小学生とその保護者を対象とした科学工作教室のおてつだい・重度障害者が行うスポーツの練習のおてつだい・里山の竹林整理のおてつだい・婚活イベントの企画や広報などのおてつだい・桜の木についた梅苔を取り除くおてつだい・お年寄りの方々と楽しくすごすレクリエーションのおてつだい・フリースクールに関する業務のおてつだい・子どもたちにが安心して遊べる環境づくりのおてつだい

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆画面上の操作がわからない場合は「解説ページ」が便利です!

①「あいかさねっと」のトップページ(画面最上部に6人の老若男女がならぶ写真のあるページ)を開く。②トップページ最上部の写真から右下の位置に、「会員登録はこちら」という囲みの部分があると思います(人物3人の並ぶイラストが付されている箇所です)。③その囲みの、下の下に、「操作説明はこちら」というピンク色の囲みがあります。④そのピンク色の囲みをクリックしていただくと、「具体的な操作説明を追加しました」というタイトルのページに飛びます。⑤その飛んだ先のページの上のあたりに、青色のクリックできるアドレス(アルファベットの羅列)があるので、それをクリックします。⑥すると、「ヘルプ目次」という画面が出ます。その画面の中に掲載されている様々な事項(青色で着色されている文字)をさらにクリックしてください。⑦その事項の具体的な操作手順が解説されているページに辿り着きます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆社会貢献・ボランティア活動「ミニ情報」~10/17「ジョイントフォーラム」で、活動力アップとつながりづくり~

○今回のメルマガ冒頭文では、「ゆめ花博」について触れましたが、来月にはまた別に、ボランティア活動・地域活動の促進を目指したイベントが開催されます。

★きらめきジョイントフォーラム2017~県民活動でつくる「好流(こうりゅう)」の輪~(山口きらめき財団HP)

〇詳細は上掲リンク先をご参照いただくとして、以下2つのプログラムをピックアップしてご紹介したいと思います。
○1つは、事業報告会です。公益財団法人山口きらめき財団の助成金を使って活動した(又は活動中)の団体さんから、その取り組みの内容や活動上の課題などが報告されます。
〇携わる活動の分野は様々ですが、みんなや地域のために活動を実施すると、似通った問題や課題を抱くことも少なくありません。この報告会では、活動をめぐる色々な課題を共有し、その解決に向けてみんなで話し合い・考え合うプログラムとなっています。
○もう1つご紹介したいのは、講演会です。会のタイトルは、「地域そして未来に活かす地域の資源~志金循環が織りなす持続可能な地域~」です。
○講師としてお話しくださるのは、深尾昌峰さん。様々なお立場で活躍されていますが、たとえば「広く市民から集めた寄付を、地域社会の課題に取り組むNPOに助成する」というしくみ・モデルを構築する、といった活動をされてきました。

★深尾さんに関する記事(龍谷大学HP、内閣府HP内のページ)

http://www.ryukoku.ac.jp/news/detail.php?id=7963http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/sentaku/s4_6.html

〇少子高齢化や担い手不足などの課題を抱える地域が、今後も継続するために求められる「資源やお金が循環し活用される」しくみや取り組みなど、興味深いお話が聞けることと思います。
〇秋のシーズンは活動真っ盛りですが、このジョイントフォーラムで自らの活動、団体、地域のあり方を改めて見つめて、更なる充実した今後の展開に臨んでいただけますと幸いです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆最後に

○色々と慌ただしく・穏やかでない昨今、それでもボランティアや地域社会のための活動に携わっている方々には、(今更ながらではありますが)改めて敬意を表します。
〇一方で、活動とは難儀なものでもあり、世のため人のために一肌脱ぐような活動が、必ずしも十分に報われたり、効果が上がらなかったりすることも多々あります。
○「うまく行かない」と感じた時には、せっかくの活動をより効果的なものにするために、アレコレと忙しい中でもいったん手を止める時間をつくり、活動の在り方を見つめ直す機会をうまく持つことも大切かと思われます。
〇自分の目線や観点だけでなく、同じく地域のために活動されている人の話を聞いたり、意見を交わしたりすることで、新しい発想や着想が得られるかもしれません。
〇今回のメルマガでご紹介したイベント以外にも、たくさんの催しが予定されています。自らの活動をがんばる一方で、ヨソの催しにも触れてみてはいかがでしょうか。