やまぐち社会貢献活動ネット

文字サイズ大中小 色合いの変更白黒青
ボランティアしたい
ボランティア募集中

メールマガジン 第25号(2018.1.16)

みなさん、こんにちは。「やまぐち社会貢献活動支援ネット(通称:あいかさねっと)」メールマガジン、発行担当のイトウです。

旧年中はお世話になりました。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、世間には「〇〇の日」や「△△ウィーク」といった記念日・週が色々とありますが、ちょうどいまこの時期もその類の記念日があります。

1月17日・・・といえばご記憶にある方もおいでかと思いますが、1995年に阪神・淡路大震災が発生した日です。その震災を受け、様々なボランティア活動が活発に展開されたことにちなみ、この日は「防災とボランティアの日」として制定されています。

また、この日を中心とした1週間(1月15日~21日)は、「防災とボランティア週間」とも定められています。

山口県庁1階では、1月15日(月)から19日(金)まで、「防災とボランティア週間」に合わせたパネル展示が行われています。

県内外で発生した災害に対して行われたボランティア活動の様子が紹介されているものです。展示を観ることで、災害に関するボランティアのことを考えてみるキッカケになるとよいですね。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆「ボランティアを受け入れたい」という団体さんへ

〇ボランティアしてほしい方々を探す場合は、あいかさねっとトップページにある「ボランティアを探す」をクリックすると、所定のフォームから検索することができます。

〇また、今回も多様な方々が、あいかさねっと上で「ボランティアに参加する」という立場で、新たにご登録くださいました。

[ボランティアしたい個人例]山口市の男性

・行政書士のほか、年金アドバイザーや難病カウンセリングの資格アリ。・下関市などを除く、県内13市町での活動が可能。・どの分野での活動でも検討可能、ただし動けるのは土日のみ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆「ボランティアしたい」と思われている方々へ

〇あいかさねっと上では、現在様々なボランティアが募集されています。〇詳細は、「ボランティア募集の一覧」をご覧ください。

【募集されているボランティアの内容】
・小学生とその保護者を対象とした科学工作教室のおてつだい・重度障害者が行うスポーツの練習のおてつだい・里山の竹林整理のおてつだい・婚活イベントの企画や広報などのおてつだい・桜の木についた梅苔を取り除くおてつだい・お年寄りの方々と楽しくすごすレクリエーションのおてつだい・フリースクールに関する業務のおてつだい・子どもたちが安心して遊べる環境づくりのおてつだい・難病のひとなどが気楽に交流するカフェのおてつだい・難病患者によるアート作品を展示する会の受付・案内のおてつだい・新しい街村づくり(リアル鉄腕ダッシュ)に関わる多様なおてつだい

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆画面上の操作がわからない場合は「解説ページ」が便利です!

〇サイト上で登録や参照するとき、「よくわからない・・・」と思われたら、解説ページをご覧ください。

〇上掲のリンク先ページの画面下方に、下記のとおり3つの項目が並んでいます。ある項目をクリックすると、関連した操作の解説ページが出てきます。
・ボランティアに参加したい(団体会員に問い合わせする)・ボランティアを募集したい(会員に問い合わせする)・メルマガ登録する

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆社会貢献・ボランティア活動「ミニ情報」~近年活躍している「災害ボランティアバス」について

〇冒頭文では「災害とボランティア」の日について触れましたが、本コーナーでもそのテーマに関連する情報を少しご紹介したいと思います。

〇近年、災害発生後に被災地へ複数のボランティアがかけつけるときの手法として「ボランティアバス」が活用されることが多くなりました。
〇ボランティアバスは、「公共交通機関が多くない被災地に向けて、まとまった数のボランティアを送迎することができる」「現場に到着するまでに、乗車した参加者に向けて留意点等の情報共有が可能」といった複数の利点があると言われています。
〇しかし、広く募集をかけて集まったボランティアの人たちを有償で送迎する点で、いわゆる「旅行業」にあたるため、関連法を守る必要がある・・・という報道を聞かれた方もいらっしゃるかもしれません。
〇「関連法を守る」ようにすると、手間暇や金銭面での負担等も大きく、災害ボランティアを活用するにあたっての大きな課題となりました。
〇その後、2017年7月に観光庁から通知が出され、一定の条件を満たせば旅行業者でないNPO等でも災害ボランティアバスを実施してもよい、ということになりました。
〇しかし、「一定の条件」の内容をしっかり把握し、法律を理解したうえで、安全性を確保しつつ実施することが求められていることに十分注意する必要があるといえます。
〇災害ボランティアバスについて、わかりやすく解説されているツールもインターネットから閲覧することができるようになっています。災害が起こる前でも、関心のある方はご参照ください。
【参考】「みえ発!災害ボラパック(NPO法人みえ防災市民会議編集・発行)」

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆最後に

〇強い寒いに見舞われる日々、みなさんいかがお過ごしでしょうか。今年も様々な情報をお届けしたく思いますので、宜しくお願いいたします。