こどもと本ジョイントネット21・山口
絵本作家・鳥の巣研究家 鈴木まもるさんが語る かこさとしさんの絵本と鳥の巣のふしぎ

更新日 2019/01/09

主催者こどもと本ジョイントネット21・山口 
関係団体後援:山口市教育委員会 山口県子ども文庫連絡会
開催日時2019年2月10日(日)13:00~15:00
開催場所パルトピアやまぐち 第1会議室(山口市神田町1-80)
TEL:083-923-6088
分野 2 社会教育の推進を図る活動 2 社会教育の推進を図る活動
 6 学術、文化、芸術又はスポ... 6 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
13 子どもの健全育成を図る活動13 子どもの健全育成を図る活動
内容絵本作家かこさとしさんが、2018年5月2日に92歳で逝去されました。
亡くなる直前まで手がけていた最後の絵本が『みずとはなんじゃ?』(小峰書店)でした。
かこさんからその完成を託され絵を描いたのは、鳥の巣研究でも有名な絵本作家の鈴木まもるさん。
鈴木さんの持参された鳥の巣の実物や映像などを見ながら、知識や情報が氾濫した今の世の中をどう生きるか、といったことを鳥の巣を通して考え、鈴木さんの絵本づくりへの思いを伺います。
参加料・入場料500円(当日1,000円)
対象者子どもの読書ボランティア、子どもの読書に関心のある大人等        
人数・定員30名(申込順・要申込)
申込み期間2018年12月15日(土)から2019年2月10日(日) 
申込み・応募方法090-3636-2617(山口)、090-2008-9467(山本)、yamaf123@c-able.ne.jp (山口)
その他※大人対象の勉強会です。お子様の入室はお断りします。

★講師(鈴木まもる)プロフィール★
画家/絵本作家/鳥の巣研究家。1952年 東京生まれ。東京藝術大学工芸科中退。1980年に絵本『ぼくの大きな木』(鶴見正夫/文 偕成社)で絵本作家としてデビュー。1995年『黒ねこサンゴロウ』シリーズ(竹下文子/文 偕成社)で赤い鳥さし絵賞、2006年『ぼくの鳥の巣絵日記』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞、2014年『ニワシドリのひみつ ~庭師鳥は芸術家』(岩崎書店)で産経児童出版文化賞JR賞を受賞。絵本・童話のイラストは、これまでに150冊近い。その他、教科書、ポスター、カレンダーなどの仕事がある。1986年に伊豆半島に転居後、野山でみつけた鳥の巣の造形的魅力にとりつかれ、独学で巣の研究と収集を始める。 以来、収集した巣の数はおよそ230種、550個以上。1998年から全国各地で鳥の巣と絵画の展覧会を開催している。
問い合わせ先こどもと本ジョイントネット21・山口
担当者名山口 智子
住所〒753-0814 山口市吉敷下東4丁目10番7号
電話番号083-922-0131
FAX083-922-0131
Eメールyamaf123@c-able.ne.jp
URLさぽらんてのページCANPANブログ
参考資料ファイル