公益財団法人 交流協会

やまぐち県民活動支援センターの登録団体ではありません。

更新日 2013/08/10

団体の分類公益財団法人
代表者名大橋 光夫
役職名代表理事(会長)
主たる事務所東京都港区
従たる事務所台湾台北市及び高雄市
連絡先〒106-0032 東京都港区六本木3ー16-33 青葉六本木ビル7F
担当者名 : 
電話番号03-5573-2600
FAX03-5573-2601
Eメールiaj_center@koryu.or.jp
URL交流協会ホームページ
年月日発足 1972/12/01
会員数 
会費 
入会資格 
活動地域 国内及び海外  
広報の方法 
主な活動分野 11 国際協力の活動 11 国際協力の活動
団体の目的この法人は、台湾在留邦人及び邦人旅行者の入域、滞在、子女教育等につき、各種の便宜を図ること、並びにわが国と台湾との間(以下、「日台間」という。)の民間の貿易及び経済、技術交流はじめその他の諸関係が支障なく維持、遂行されるよう必要な調査を行うとともに適切な措置を講ずることにより日台間の交流に関する事業を行い、日台間の国際相互理解の促進に寄与することを目的とする。
設立の経緯 
活動内容1.台湾における邦人の生命、身体及び財産並びにわが国の法人の台湾における財産
  及び利益が損われないように関係当局との折衝を含む各種の便宜をはかること。
2.台湾在留邦人の子女の教育(日本人学校関係を含む。)に関し、必要な業務を行
  うこと。
3.邦人の台湾入域及び台湾在留並びに台湾住民及びその他の外国人の日本への入国
  に関し、必要な便宜をはかること。
4.邦人と台湾住民及び台湾在住の外国人との間の渉外事項に関し、調査、あっせん等
  必要な援助を行うこと。
5.台湾との貿易、経済関係を円滑に維持するために必要な業務を行うこと。
6.台湾との貿易、投資、技術提携等に関する民間諸取極の締結、運用をはかること。
7.台湾近海におけるわが国の漁船の安全操業が保証されるよう、必要な便宜をはか
  ること。
8.わが国の船舶の台湾諸港への入域(緊急入域を含む)並びに船員の病気及び解雇
  その他の理由による台湾への上陸等につき必要な便宜をはかること。
9.台湾との運輸、通信関係を円滑に維持するために関係当局との連絡等必要な便宜
  をはかること。
10.台湾との学術、文化、スポーツ等の交流に関し、必要な便宜をはかること。
11.その他前条の目的を達成するために必要な調査及び事業を行うこと。
団体・行政・企業等との協働・連携実績 
ひとことPR 
主な活動の日・時間帯