独立行政法人 日本芸術文化振興会
平成30年度 芸術文化振興費補助金 映画制作への支援 

更新日 2017/10/10

対象分野 6 学術、文化、芸術又はスポ... 6 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
対象エリア 全国 
助成の目的我が国の優れた映画の製作活動を奨励し、その振興を図るため、日本映画の製作活動を助成します。
助成金額助成金の額は、自己負担金の範囲内

(1)単年度助成
◆劇映画
 (1)特別   2000万円
 (2)劇映画A 1000万円
 (3)劇映画B  500万円
◆記録映画
 (1)記録映画特別 1500万円
 (2)記録映画A   500万円
 (3)記録映画B   200万円
◆アニメーション映画
 (1)アニメーション長編   2000万円
 (2)アニメ-ション映画短編A 300万円
 (3)アニメーション映画短編B 100万円

(2)2ヶ年度助成
◆劇映画
 (1)特別   2000万円
 (2)劇映画A 1000万円
◆記録映画
 (1)記録映画特別 1500万円
◆アニメーション映画
 (1)アニメーション長編   2000万円

◆各年度の助成金の上限額
2ヶ年度助成では、上表金額を2ヶ年に分けて交付します。
各年度の配分額は、上表の助成金の額の50%を原則としますが、年度によって50%以上の助成金額が必要となる場合は、各年度70%を上限として配分額を調整できます。
第2回募集についても同様です。

※第2回募集分からは、助成金500万円の助成枠(劇映画B)を新設
※バリアフリー字幕制作費について
  聴覚に障害を持つ方々に、より多くの映画を鑑賞していただく場を提供するためのバリアフリー字幕制作に対し、実費(ただし、上限は100万円とし、1万円未満は切り捨て)を交付します。 
対象事業※平成30年度には、従来の1年間のみの単年度助成に加え、2年間にわたる「2ヶ年度助成」のしくみを取り入れるほか、第2回募集分からは、助成金500万円の助成枠を新設する予定です。

(1)単年度助成
次のいずれかの活動区分に該当する日本映画の企画から完成までの製作活動で、国内において、原則として完成後1年以内に一般に広く公開されるもの。

◆活動区分
 1.劇映画(35㎜以上のポジフィルム又はDCPによるもの)
  (1)特別 上映時間1時間以上 助成対象経費 1億円以上 
(2)劇映画A
     上演時間1時間以上 助成対象経費 5000万円以上
  (2)劇映画B 
     上演時間1時間以上 助成対象経費 1500万円以上
 
 2.記録映画(16㎜以上のポジフィルム又はビデオテープ等によるもの)
  (1)記録映画特別
     上映時間1時間以上 助成対象経費 5000万円以上 
  (2)記録映画A
     上映時間1時間以上 助成対象経費 2000万円以上
  (3)記録映画B
     上映時間20分以上1時間未満 助成対象経費 600万円以上
 
 3.アニメーション映画(アニメーション技法によって制作された作品)
  (1)アニメーション映画長編
     上映時間1時間以上 助成対象経費 8000万円以上
  (2)アニメーション映画短編A
     上映時間1時間未満 助成対象経費 1000万円以上
  (3)アニメーション映画短編B
     上映時間1時間未満 助成対象経費 300万円以上

◆完成時期(初号試写およびDVD提出要)
平成30年度4月1日(日)~平成31年3月31日(日)


(2)2ヶ年度助成
映画の完成の前年度と完成年度の2ヶ年にわたって助成金を交付する。

◆活動区分
 1.劇映画(35㎜以上のポジフィルム又はDCPによるもの)
  (1)特別 上映時間1時間以上 助成対象経費 1億円以上 
(2)劇映画A
     上演時間1時間以上 助成対象経費 5000万円以上
 
 2.記録映画(16㎜以上のポジフィルム又はビデオテープ等によるもの)
  (1)記録映画特別
     上映時間1時間以上 助成対象経費 5000万円以上 
 
 3.アニメーション映画(アニメーション技法によって制作された作品)
  (1)アニメーション映画長編
     上映時間1時間以上 助成対象経費 8000万円以上

◆完成時期(初号試写およびDVD提出要)
1年目:平成30年4月1日(日)~平成31年3月31日(日)
2年目:平成31年4月1日(月)~平成32年3月31日(火)

※日本映画とは
 日本国民、日本に永住を許可された者又は日本の法令により設立された法人により製作された映画(テレビ用アニメーションを除く)
対象者映画の製作活動を行うことを主たる目的とする我が国の団体で、次の(1)(2)に該当し、実績要件を充たすものとする。

(1)法人格を有する団体
(2)法人格を有しないが、以下のア~オの要件をすべて充たしている団体
  ア.定款、寄付行為に類する規約等を有し、次のイ~エについて明記されていること
  イ.団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
  ウ.自ら経理し、監査する等会計組織を有すること
  エ.団体活動の本拠としての事務所を有すること
  オ.企業会計原則に基づいた財務諸表又はこれに類する書類(収支予算書及び決算書 等)を作成していること

◆実績要件
 原則として、過去に一般に広く公開された映画を製作した実績を有する団体であること
応募制限 
募集期間2017年11月24日(金)から2017年11月30日(木) 当日消印有効
◆2ヶ年度助成の2年目
平成30年12月17日(月)~平成30年12月28日(金)

◆第2回募集
 平成30年5月25日(金)~5月31日(木)
申込み・応募方法提出する書類はすべて同梱し、簡易書留等、記録が残る方法で送付して下さい。
その他※詳細は助成金募集案内ご覧下さい
問い合わせ先(独行)日本芸術文化振興会
担当者名基金部 企画調査課 映像芸術係
住所〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
電話番号03-3265-6312(10:00~18:00 土日、祝日、7月1日を除く)
FAX03-3265-7474
Eメールeizo@ntj.jac.go.jp
URL
平成30年度第1回募集
日本芸術文化振興会ホームページ
備考