国立研究開発法人 科学技術振興機構
平成30年度 科学技術コミュニケーション推進事業 <未来共創イノベーション活動支援>

この助成事業は募集期間を終了しています。

更新日 2017/11/25

対象分野13 子どもの健全育成を図る活動13 子どもの健全育成を図る活動
15 科学技術の振興を図る活動15 科学技術の振興を図る活動
対象エリア 全国 
助成の目的リスクコミュニケーションを含む科学技術コミュニケーション活動を推進するとともに大学・公的研究機関等と、国内外の様々なステークホルダーが対話・協働し、それらを政策形成や知識創造、社会実装等へとつなぐ共創の場を構築する活動を支援します。
助成金額◆支援費
 各年度の支援費 500万円を上限

◆採択予定件数 4件程度(予算の範囲内で採択)

◆対象経費
・企画の実施に必要となる経費(物品費、講師・講演者謝金、旅費交通費、レンタル費、保険料、役務費、通信運搬費、印刷製本費)及び人件費
対象事業「1.科学技術コミュニケーション推進事業 未来共創イノベーション活動支援(平成30年度募集)について」に関連した内容であること。
原則として、「提案機関」・「参加機関」のいずれか1つ以上の機関が主体的に活動し実施するもので、かつ、これらのうち複数の機関が連携・協力して実施するもので、「提案機関」・「参加機関」がそれぞれの特徴を活かした役割を果たすことが必要です。

◆想定する活動およびテーマ
①社会的問題に関わる多様な分野の研究者(科学者)が主体となり、研究者、国民、メディア、産業界、政策形成者など多様な立場の人々とともに、社会的期待や問題について対話・協働を行うことで、当該課題への取り組みの方向性を示し、解決に繋がる基盤づくりを行うような取り組み。
②若者をはじめ社会に科学的志向を醸成すると同時に、研究者(科学者)がその社会的役割をより具体的に考え、対話・協働の場への積極的な参加を促すとともに、その活動を継続的かつ発展的に広げていくような取り組み。
③知識の伝達役またはコミュニケーションの触媒役として、研究者(科学者)が参加し、様々なステークホルダーとともに課題解決を試行するような取り組み。
④研究者(科学者)を含めた、多様な立場の人々で議論した内容を、行政機関などにフィードバックし、政策形成へと繋がるような取り組み。
⑤大学や研究機関などが主体となり、各地域の身近な場で起きている問題、あるいは明らかになっていない(起こりそうな)問題について研究者、国民、メディア、産業界、政策形成者など多様な立場の人々がワークショップなどを行い、掘り起こしを行い、当該課題の解決を見据えた基盤づくりを行うような取り組み。

テーマとしては、顕在的または潜在的な社会的期待や問題のほか、国際連合が2015年に全会一致で採択した2030年までに取り組むべき持続可能な開発目標も挙げられます。

また、コミュニティ再生などの社会づくりと防災・減災の取り組みは切り離せない関係にあります。震災を風化させないためにも防災などをテーマにした取り組みも求めます。

◆支援対象期間
 平成30年4月1日(日)~平成31年3月31日(日) 
 全体では、平成33年3月31日までの3ヶ年度を上限とします。
対象者1.提案機関
 日本国内の地方自治体、大学、高等専門学校、公的研究機関、科学館、科学系博物館、図書館や公民館等の社会教育施設、学協会、公益法人、非営利法人及び民間企業等の機関

◆提案機関の要件
(1)法人格を有すること
(2)採択された後、支援にあたり、JSTとの間で契約(実施協定)が締結できること。
(3)国の経費を適切に執行できる体制が整備され、「「提案機関」の責務」に求める責務を果たすことができること。

2.参加機関
 上記法人の他、課題解決に向けた活動を実施する非営利の各種団体、個人など、様々な活動主体
応募制限 
募集期間2017年11月20日(月)から2018年1月22日(月) 必着
※正午必着
申込み・応募方法ホームページより企画提案書様式をダウンロードして、企画提案書を作成してください。企画提案書は、電子媒体と紙媒体の両方を郵送してください。簡易書留または宅配便にて送付して下さい。

(1)電子媒体
 企画提案書WordファイルとPDFファイルの電子媒体をCD-RもしくはDVD-Rに書き込み、郵送して下さい。(5MB以内)
(2)紙媒体
 企画提案書(紙媒体)と定款等の資料も同封して下さい。
※送付に際しては、封筒の「企画提案書在中」と記載してください。
その他募集説明会
<東京会場>
日時:
①平成29年12月21日(木)10:30~12:00
②平成29年12月21日(木)13:30~15:00
場所:科学技術振興機構 東京本部 住宅棟1回会議室

<大阪会場>
日時:平成29年12月15日(金)14:00~15:30
場所:大阪大学中之島センター201会議室
問い合わせ先国立研究開発法人 科学技術振興機構  
担当者名科学コミュニケーションセンター メディア・ネットワークグループ
科学コミュニケ-ションセンター推進事業「未来共創イノベーション活動支援」担当
住所〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3 サイエンスプラザ
電話番号03-5214-7493(10:00~12:00/13:00~17:00 土日、祝祭日を除く)
FAX 
Eメールkatsudo@jst.go.jp
URL
募集要項
科学技術振興機構ホームページ
備考