社会福祉法人 全国社会福祉協議会
平成30年度 「鯉渕記念母子福祉助成事業」

更新日 2017/12/05

対象分野 1 保健・医療又は福祉の増進... 1 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
対象エリア 全国 
助成の目的母子生活支援施設等には、DV被害や児童虐待を受けた母と子、心身に障害のある母と子など、心理的・経済的に多様で困難な課題のある方が入所しています。こうした母子世帯が主体的に自立を図るためには、生活の営みの支援、生活の場の確保とともに、就労や進学等に対して支援を行っていくことが重要です。
本事業は、こうした現状に鑑み、未来ある母子世帯の自立支援のための助成、および母子福祉の推進を図る母子生活支援施設等の実践を向上させることを目的とした研究のための助成を実施するものです。
助成金額(1)就労に関わる資格取得支援助成
   必要経費10万円以上の場合 1人あたり10万円
   必要経費 5万円以上10万円未満の場合 1人あたり5万円
   助成人数  90名

(2)就学資金助成事業
   助成金額 1人あたり20万円以内 ※助成は1人につき1回まで
   助成人数  40名
対象事業(1)母子生活支援施設利用者の就労に関わる資格取得支援助成
  母子生活支援施設入所中に就労に関わる資格取得を主体的に進めようとする利用者(母)に対して、各施設が自立支援計画等にもとづいて資格取得を支援する場合の資金を助成

(2)母子生活支援施設等に入所する子等への就学資金助成事業
 母子生活支援施設に入所する母子世帯の子、また母子生活支援施設退所後2年以内の子が、高等学校卒業後、大学・専門学校等への進学を希望する場合に、入学時の支度金として就学資金を助成
対象者(1)就労に関わる資格取得支援助成
   母子生活支援施設を利用している母

(2)就学資金助成事業
  ・母子生活支援施設に入所している母子世帯の子
  ・母子生活支援施設退所後2年以内の子
  ・児童養護施設に入所する母子世帯の子
応募制限 
募集期間2018年2月5日(月) 当日消印有効
申込み・応募方法各助成内容ごとに所定の「申請書」に必要事項を記入のうえ、全国社会福祉協議会 児童福祉部「鯉渕記念母子福祉助成事業」担当あて提出して下さい。
その他 
問い合わせ先(社福)全国社会福祉協議会
担当者名児童福祉部 担当:上村、宇佐見
住所〒100-8980 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
電話番号03-3581-6503 
FAX03-3581-6509
Eメールboshi@shakyo.or.jp
URL
募集要項
全国社会福祉協議会ホームページ
備考