独立行政法人 福祉医療機構
平成30年度 社会福祉振興助成<地域連携活動支援事業>

更新日 2018/01/09

対象分野 1 保健・医療又は福祉の増進... 1 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
13 子どもの健全育成を図る活動13 子どもの健全育成を図る活動
対象エリア 全国 
助成の目的政策動向や国民ニーズを踏まえ、民間の創意工夫ある活動や地域に密着したきめ細かな活動等に対し助成を行い、高齢者・障害者が自立した生活を送れるよう、また、子どもたちが健やかに安心して成長できるよう必要な支援等を行うことを目的とします。
助成金額50万円~700万円
対象事業地域の多様な社会資源を活用し、複数の団体が連携やネットワーク化を図り、社会福祉諸制度の対象外のニーズその他地域の様々な福祉のニーズに対応した地域に密着した事業(同一都道府県内)

1. 安心につながる社会保障
(1)安心して暮らせるための地域共生社会の実現に資する事業
(2)求められる介護サービスを提供するための多様な人材の確保、生産性の向上に資する事業
(3)介護する家族の不安や悩みに答える相談機能の強化・支援体制の充実に資する事業
(4)介護に取り組む家族が介護休業・介護休暇を取得しやすい職場環境の整備に資する事業
(5)介護と仕事を両立させるための働き方改革の推進に資する事業
(6)元気で豊かな老後を送れる健康寿命の延伸に向けた取り組み強化及び高齢者への多様な就労の機会の確保に資する事業
(7)障害者、難病患者、がん患者等の活躍を支援する事業

2.夢をつむぐ子育て支援
(8)結婚、子育ての希望実現の基盤となる若者の雇用安定・待遇改善に資する事業
(9)妊娠・出産・育児に関する各段階の負担・悩み・不安を切れ目なく解消するための支援事業
(10)子育てを家族で支える三世代同居・近居しやすい環境づくりに資する事業
(11)出産後・子育て中も就業が可能な多様な保育サービスの充実・多様な人材の確保・生産性の向上に資する事業
(12)出産・子育ての現場である地域の実情に即した働き方改革の推進に資する事業
(13)希望する教育を受けることを阻む経済事情など様々な制約の克服に資する事業
(14)子育てが困難な状況にある家族・子供等への配慮・対策等の強化に資する事業

◆助成事業実施期間
 平成30年4月1日~平成31年3月31日

◆他団体との連携
 要望団体が自ら主催し、他の団体(社会福祉法人、医療法人、NPO法人、公益法人、企業、自治体、ボランティア団体等)と相互に連携し、協力関係を築き実施する事業

◆活動範囲
 同一の都道府県内で活動する事業
対象者社会福祉の振興に寄与する事業を行う、営利を目的としない法人または団体

・社会福祉法人
・医療法人
・一般法人(法人税法上の非営利型法人の要件を満たす一般社団法人、一般財団法人※平成30年度中に移行するものを含む)
・公益法人(公益社団法人、公益財団法人)
・特定非営利活動法人
・その他社会福祉の振興に寄与する事業を行う法人等(次の要件をすべて満たすこと)
 ・理事を2人以上置いていること
 ・役員会など意思決定を行うための組織について、運営規約等に定めていること

ただし、上記の法人であっても、次に該当する場合は除きます。
・反社会的勢力及び反社会的勢力と密接な関係にある法人等
・過去において法令等に違反する等の不正行為を行い、不正を行った年度の翌年度以降5年間を経過しない法人等
・幹事を設置していない法人等(定款等に漢字の設置規定がないものを含む)
応募制限 
募集期間2018年1月29日(月) 必着
申込み・応募方法次の手続きに沿ってご提出ください。
①要望書、要望額調書及び関係書類は、ホームページからダウンロードし、作成してください。
②機構ホームページからエントリー
要望書フォームに必要事項を入力し、エントリーしてください。エントリーした書式を印刷し、印鑑登録をした印(任意団体の場合は代表者個人の印鑑登録した印)を押印してください。
③郵送
①で作成した申請書、要望額調書、②でエントリーした書式、その他添付資料などの書類一式を郵送してください。

※封筒表に「平成30年度助成事業応募書類在中」と朱書
その他 
問い合わせ先(独行)福祉医療機構 NPOリソースセンター 
担当者名NPO支援課
住所〒105-8486 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル 9階
電話番号03-3438-4756
(月~金 9:00~17:00 祝祭日含まず)
なお、つながりにくい場合は03-3438-9942へおかけください。
FAX03-3438-0218
Eメール 
URL
平成30年度 社会福祉振興助成事業
福祉医療機構ページ
備考