武田薬品工業株式会社・社会福祉法人中央共同募金会
タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム<団体助成>

この助成事業は募集期間を終了しています。

更新日 2018/01/31

対象分野 8 災害救援活動 8 災害救援活動
対象エリア 全国 
助成の目的避難指示区域の解除や住宅支援の打ち切りなど、広域避難者を取り巻く状況が変わっていく中で、さらに2年間の支援の継続を決定し、2018年度までの5年間のプログラムとなりました。
そこで、本プログラム最終助成となる2018年度は、避難先の地域に支援を根づかせるための事業や、地域の様々な機関・団体とのネットワークを築いていく事業などを募集します。
助成金額助成総額 3000万円(予定)
(1)避難者支援事業 上限150万円
(2)連携促進事業  上限300万円

※(1)に加えて(2)の事業を実施する場合は、(2)での応募となります。
対象事業(1)避難者支援事業
避難者を支えるための直接的な事業であり、これまで実施してきた避難者支援事業の地域への浸透、対象者や活動地域などの拡大、事業内容の発展などを視点に入れた事業

<活動例>
・避難者同士や避難者と地域住民との交流事業
・住宅や法律、健康、心のケアなどに関する相談事業
・支援事業に必要な情報収集、研修、学習会事業
・メールニュース、会報誌や情報誌の発行などの避難者や地域に向けた広報、情報発信事業 など

(2)連携促進事業
避難者の多様なニーズや課題の解決に向けて、応募団体が地域の様々な機関・団体に働きかけ、連携・協働し避難者支援につながる新たな社会資源の開発や既存の社会資源の活用、避難者支援の新たなネットワーク構築等を創出していく事業

<活動例>
・県内複数市町村社協とともに、広域避難者の見守り支援のしくみづくりを協働で行う事業
・地域の支援団体との協働により、避難者支援の枠をこえた生活支援も含めた避難者支援のための体制づくりを行う事業

想定される多様な連携先:
避難先都道府県、市町村の行政や社会福祉協議会、民生委員、保健師、学校、地域で具体的な課題を解決するために活動するNPO団体等

<対象外活動>
・保養事業
・被災3件(岩手県、宮城県、福島県)での支援活動

◆助成事業の対象期間
2018年4月1日~2019年3月31日までの1年間を通じて実施される活動
対象者次の(1)~(10)までをすべて満たす団体。

(1)非営利団体であること(法人格のない任意団体も可)
(2)団体の定款または会則・規約等、前年度の事業報告書、決算書を作成していること
(3)広域避難者支援の事業実績があること
(4)避難者が団体の事業へ主体的に参加していること
(5)助成を受けて行なった活動について、中央共同募金会のウェブサイト等において情報公開が可能であること
(6)避難者等からの問合せに対応できる体制があり、連絡先を公開していること
(7)本助成プログラムに申請した事業が遂行できる運営体制があること
(8)本助成プログラムで企画する研修やミーティングに参加できること
(9)団体の目的や活動が、政治・宗教に関わりがないこと
(10)市民社会の秩序または安全に脅威を与える反社会的勢力との関わりがないこと
応募制限 
募集期間2018年1月27日(土)から2018年2月12日(月) 必着
申込み・応募方法応募書類は中央共同募金会のウェブサイトからダウンロードし、必要事項を記入の上、他の提出書類とともに、「中央共同募金会企画広報部」に郵送して下さい。あわせて電子データをメールで送付して下さい。メールのみでの応募や持参による応募受付はいたしません。

※複数応募は不可(1団体1応募のみ)
その他提出書類
1.応募書類
2.団体の定款または会則・規約等
3.前年度の事業報告書
4.決算書
問い合わせ先(社福)中央共同募金会
担当者名戸石
住所〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関3-3-2 新霞ヶ関ビル5F
電話番号03-3581-3846
FAX 
Eメールtakeda-p@c.akaihane.or.jp
URL
2018年度 団体助成
タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム
備考