文部科学省
「文化芸術による子供の育成事業-コミュニケーション能力向上事業-<コーディネーター実施方式>」

この助成事業は募集期間を終了しています。

更新日 2018/04/11

対象分野 6 学術、文化、芸術又はスポ... 6 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
13 子どもの健全育成を図る活動13 子どもの健全育成を図る活動
対象エリア 全国 
助成の目的児童生徒に対し、芸術家による表現手法を用いた計画的・継続的なワークショップ等の指導を実施することにより、芸術を愛する心を育て、豊かな情操を養うとともに、児童生徒のコミュニケーション能力の育成を図る。
助成金額委託総額 8000万円程度
1件あたりの上限 1000万円程度
採択件数 予算の範囲内において複数件を採択予定
対象事業事業の委託を受けた団体等において、主に以下のような学校と芸術家とのコーディネート業務を行う。
・教育委員会等との協力の下、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校に対して実施希望校の募集を行う。
・教育委員会等の指導・助言の下、実施校(原則として3校以上)を選定する。
・実施校の状況や希望内容等に応じて、講師(主指導者)となる芸術家を選定する。
・選定された芸術家とともに実施校を訪問し、実施打合せを行う。
・実施校の担当教員と芸術家との連携を図り、児童生徒を対象に表現手法を用いた計画的・継続的なワークショップ等の指導を1校当たり3~12回実施する。
・各実施校の事業終了後、実施校の担当教員と芸術家及び教育委員会等とともに、実施内容についてフォローアップを実施する。
・教育委員会等の協力の下、各実施校における事業終了後の提出書類を作成し、文部科学省に提出する。
対象者学校と芸術家とのコーディネート業務を,学校を設置する教育委員会等(国立大学法人や学校法人等を含む)と連携して実施する能力を有するとともに,次のいずれかに該当する法人又は団体(以下,「団体等」という。)とする。なお,国内に本社,支社,営業所等を有し,迅速かつ具体的な連絡・調整が可能な者であること。

(1) 特定非営利活動法人
(2) 一般社団法人,一般財団法人及び公益社団法人,公益財団法人
(3) 地方公共団体が設置した文化施設の設置者,管理者,又は直営文化施設の長
(4) 社会貢献活動や非営利活動を実施する法人又は任意団体

ただし,任意団体である等は,以下の①から⑤までの要件を全て満たすこととする。
① 定款,寄附行為又はこれらに類する規約等を有すること
② 団体等の意思を決定し,執行する組織が確立されていること
③ 自ら経理し,監査する等会計組織を有すること
④ 団体等の活動の本拠としての事務所を有すること
⑤ これまで学校教育における活動実績を有すること
応募制限 
募集期間2018年4月20日(金) 必着
①電子メール,②郵送,③直接持参のいずれについても,当日18時00分必着
(①②③のいずれか1つの到着が提出締切に間に合わなかった場合は,申請を受け付けることができませんので御注意ください。)
申込み・応募方法書類の提出は、①電子メール②郵送等③直接持参のうち、「電子メール及び郵送等」または「電子メール及び直接持参」のいずれかの方法とする。
その他 
問い合わせ先文部科学省初等中等教育局 教育課程課
担当者名教育課程第三係 
住所〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
電話番号03-6734-3706
FAX03-6734-3734
Eメールkyoiku@mext.go.jp
URL
公募詳細表示
参考資料ファイル  
備考