公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
プロジェクト未来遺産 2018
日本の豊かな文化・自然遺産を未来へ

この助成事業は募集期間を終了しています。

更新日 2018/05/18

対象分野 3 まちづくりの推進を図る活動 3 まちづくりの推進を図る活動
 6 学術、文化、芸術又はスポ... 6 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
 7 環境の保全を図る活動 7 環境の保全を図る活動
対象エリア 全国 
助成の目的失われつつある文化や自然を未来に伝える市民の活動を「プロジェクト未来遺産」として登録、それを推進する人と地域を日本全体で応援する仕組みをつくります。そして、全国の自然・文化・無形などの多様なプロジェクトを幅広く応援します。
助成金額◆顕彰
1.「プロジェクト未来遺産」として登録された活動の顕彰、登録証の授与。
2.「プロジェクト未来遺産」登録時に応援金20万円を贈呈。

◆活動・P R支援
1.地域における市民活動の担い手として、「プロジェクト未来遺産」に登録された活動のPRができます。
2.当連盟のホームページや、パンフレット等に登録された活動を掲載します。
3.後援団体である読売新聞社等に活動を掲載します。
対象事業1.市民が主体となって地域の文化(建造物や遺跡等の有形、演劇・技術・祭り等の無形文化)を守り継承するプロジェクト
2.市民が主体となって自然(自然景観や生態系等)を守り継承するプロジェクト
3.自然災害からの自然・文化の復興をテーマとするプロジェクト
対象者下記の要件を全て満たすこと。

・地域の人が主体となって運営していること
・特定の宗教や政治に偏らない非営利団体(公益法人・任意団体)であること
・ユネスコ協会、国・地方公共団体、自然・文化関連団体などの各種団体の推薦を得られること。
・2年以上の団体活動実績があること。
・特定の政治、宗教活動を目的とする団体ではないこと。

※小・中・高等学校・大学等教育機関・企業からの申請はできません。
 ただし、地方公共団体が出資している第三セクターの企業等からの申請は検討します。
応募制限 
募集期間2018年4月27日(金)から2018年7月20日(金) 必着
申込み・応募方法所定の応募シートをHPからダウンロードし、規定枠内に入るように必要事項をご記入のうえ、郵送にてご応募ください。

※応募シートはパソコンで作成したもののみ受け付けます。
その他◆審査基準
・メッセージ性
 地域の文化や自然を未来へ継承するという明確なメッセージをもつもの。
・モデル性
 類似する課題を抱える他の地域へのモデルとなり、他地域への波及効果がみこまれるもの。
・次世代育成
 次世代を担う子どもや若者を巻き込んでいるもの。
・地域活性化
 第三者(個人・企業など)が参加できる仕組みがあり、地域の活性化に寄与するもの
・独自性
 先進性や創造性等独自性がみられるもの。
問い合わせ先(公社)日本ユネスコ協会連盟
担当者名事務局
住所〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階
電話番号03-5424-1121
FAX03-5424-1126
Eメールmirai@unesco.or.jp
URL
募集要項
未来遺産運動ページ
備考