独立行政法人 日本芸術文化振興会
平成31年度 芸術文化振興基金助成金
舞台芸術の創造普及活動~現代舞台芸術創造普及活動(音楽・舞踊・演劇)~

この助成事業は募集期間を終了しています。

更新日 2018/10/11

対象分野 6 学術、文化、芸術又はスポ... 6 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
対象エリア 全国 
助成の目的国民が広く多彩な芸術に親しむ環境の醸成に資する現代舞台芸術の創造普及のための公演活動を支援します。
助成金額・交付を受けようとする助成金の要望額が20万円以上
・助成対象経費の2分の1以内、かつ、自己負担金と同額以下の額

※出演費や会場費等、公演本番に必要な経費への助成
対象事業助成の対象となる者が自ら主催して我が国で行う次にかかげる現代舞台芸術の創造普及の公演活動で、青少年、市民を対象とした親しみやすい公演や芸術活動の裾野を広げることをねらいとした公演などを対象。

◆活動区分
(1)音楽分野 
   オーケストラ、オペラ、室内楽、合唱等の公演
(2)舞踊分野
   バレエ、現代舞踊、民族舞踊等の公演
(3)演劇分野
   現代演劇、児童演劇、人形劇、ミュージカル等の公演

◆応募できる活動の期間
平成31年4月1日~平成32年3月31日

◆応募できる活動数
1つの活動区分につき、1団体2活動まで

◆対象外の活動
・政治的または宗教的な宣伝意図を有する活動
・慈善事業への寄付を目的として行われる活動
・あらかじめ企画・制作されたものを購入する公演(買取公演、招へい公演等)
・独立行政法人日本芸術文化振興会と共催する活動
※共催しない場合であっても、当振興会に支払が生じる経費については計上できません。ただし、当振興会が設置・運営する劇場を借りて実施する活動に要する会場使用料(付帯設備費を含む)、稽古場使用料等についてはこの限りではありません。
・文化庁の補助金や委託費等が支出される活動
・特定の企業名等を活動名に付す、いわゆる「名称冠公演」
※ネーミングライツにより施設名に企業名が入る場合をのぞく
・コンクール・コンテストを主たる目的とする活動
・教育研究を主たる目的とする活動
・公演等を伴わない、ワークショップ・講演会・シンポジウムのみの活動
対象者現代文化芸術の創造普及に係わる活動を行うことを主たる目的とする、我が国の芸術に関する団体で、次の(1)~(5)のいずれかに該当し、かつ、実績要件を満たすものとします。

(1)一般社団法人・一般財団法人及び公益社団法人・公益財団法人
(2)特定非営利活動法人
(3)上記(1)(2)以外の法人格を有する団体であって、原則として自ら一定数以上の対象分野の実演家を擁する団体又は劇場施設を有する団体
(4)法人格を有しない任意団体のうち、以下の要件をすべて充たしている団体
 ア.主たる構成員が実演家又は芸術団体であること
 イ.定款に類する規約等を有し、次のウ~オについて明記されていること
 ウ.団体の意志を決定し、執行する組織が確立していること
 エ.自ら経理し、監査する等会計組織を有するところ
 オ.団体活動の本拠として事務所を有すること
 カ.平成30年11月1日現在、団体設立後、1年以上の芸術活動実績を有すること

(5)責任をもって活動を遂行する能力と意欲を有する実演家のグループ(音楽分野の室内楽及び舞踊分野の活動に限る)

◆実績要件
 平成28年4月1日~平成30年11月1日の間に、応募分野において日本国内での自ら主催する有料の公演を1回以上実施しているものとする。
応募制限 
募集期間2018年11月1日(木)から2018年11月11日(日) 当日消印有効
申込み・応募方法簡易書留による郵送のみとします。
その他◆要望の書記入についての相談
 10月31日(水)まで、要望書の記入についての相談を受付ます。(土日、祝日は除く)
 電話・FAX、Eメール、来訪(事前に電話連絡が必要です)にて相談して下さい。
問い合わせ先(独行)日本芸術文化振興会
担当者名基金部 芸術活動助成課
住所〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
電話番号音楽 03-3265-6338/6213
舞踊 03-3265-6192/6305
演劇 03-3265-6178/6192
※10:00~18:00 土日、祝日を除く
FAX03-3265-7474
Eメールgeijutsu-nt@ntj.jac.go.jp
URL
平成31年度募集案内
日本芸術文化振興会ホームページ
備考