公益財団法人 三菱財団
第48回(2019年度)  人文科学研究助成

更新日 2018/12/09

対象分野 2 社会教育の推進を図る活動 2 社会教育の推進を図る活動
 6 学術、文化、芸術又はスポ... 6 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
対象エリア 
助成の目的学術研究の一環として、人文社会系領域での基礎的かつ着実な実証研究を支援します。
助成金額助成総額 約8000万円(予定)

◆一般助成
助成総額 6000万円程度
1件あたりの上限 原則500万円
採択件数 31件程度

◆大型連携研究助成
助成総額 2000万円程度
1件あたりの助成額 1000万円まで
採択件数 4件程度

※「一般助成」においては、研究の性質上比較的少額で足りる内容のものも充分考慮されます。
対象事業人文学分野、及びそれに関連する分野からなる、人文社会系研究全般を対象とします。

なお、本財団は2019年に設立50周年を迎えます。
今年度は、50周年記念特別助成事業として、通常の人文科学研究助成に加え、「文化財修復事業助成」および「社会的課題解決のための大型連携研究助成」を実施します。
なお、「文化財修復助成」の応募については、「三菱財団50周年記念特別助成 第1回(2019年度)文化財修復事業助成応募要領」をご覧ください。

◆大型連携研究助成について
異なる専門領域の複数のメンバーの方がチームを形成し、同一の社会課題解決のため、より多角的に、連携してダイナミックに挑戦する提案型の応募に対する助成を実施します。
「大型連携研究助成」の応募につきましては、助成金額、期間等について、より柔軟に対応します。

◆助成期間
助成決定から1年を原則としますが、事情により2年にわたる使用も認められます。
なお、「大型連携研究助成」においては、案件内容により3年まで認めることもあります。
(複数年度分の助成申込みを一括査定し、助成金は各年に分けて使用されることとなります)

※「大型連携研究助成」は面接選考があります。
対象者・原則として、特定のテーマの個人ないし少人数のグループによる研究。(「大型連携研究助成」の場合は複数の領域の研究者(実践者)のチームとなります)
 国籍等は問いませんが、当該代表研究者が日本国内に居住し、かつ国内に継続的な研究拠点を有することが必要です。
・営利企業等関係者は対象外となります。
・代表研究者及び協同研究者は、本財団の同一年度の助成に複数応募することはできません。したがって、代表研究者が(他の分野も含め)他の応募案件の共同研究者を兼務したり、共同研究者が他の応募案件の共同研究者を兼務することはできません。なお、複数応募が判明した場合は、応募を取り下げていただくことがございます。
応募制限 
募集期間2018年12月19日(水)から2019年1月16日(水) 必着
※17:00必着。持込み不可。
申込み・応募方法
その他 
問い合わせ先(公財)三菱財団
担当者名事務局
住所〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-3-1 三菱商事ビルディング21階
電話番号03-3214-5754
FAX03-3215-7168
Eメールinfo@mitsubishi-zaidan.jp
URL
応募要項
三菱財団ホームページ
備考