山口県県民活動スーパーネット 山口県県民活動スーパーネット

文字サイズ
背景色
標準

やまぐち県民活動支援センター

山口県山口市神田町1-80防長青年館2階

TEL 083-934-4666
yamas@mbs.sphere.ne.jp

       

団体・企業情報

特定非営利活動法人 チャイルドハウスひなたぼっこ

スーパーネット登録団体です

組織形態

NPO法人

分野

保健、医療又は福祉の増進を図る活動保健、医療又は福祉の増進を図る活動

社会教育の推進を図る活動社会教育の推進を図る活動

人権の擁護又は平和の推進を図る活動人権の擁護又は平和の推進を図る活動

子どもの健全育成を図る活動子どもの健全育成を図る活動

職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動

対象エリア

県内全域

活動内容

・メンタルケアサポート;保護者の立場で話を聞き、家族が抱える困難な問題(障害、引きこもり、不登校等)の解決の手伝いをする。
・ペアレントサポート;保護者と共にその子にあった自立支援の方法を探り、サポートする。
また、同じ悩みを持つ親同士の情報交換や交流、相談の場(カフェ)を提供する。
・当事者サポート;放課後の送迎を含む預かり、自立支援、学習支援をしたり、長期休業中の預かり、不登校児の学習支援(訪問で)をしたりする。
・その他として支援者のスキルアップ研修会や地域に理解を求めるための行事に参加したり、行政や他団体との連携をとったりしながら活動する。
・新年度より放課後等デイ事業も予定している。

団体・行政・企業等との協働・連携実績

2016年4月元気なまち協働推進事業(光市)に入っているのでひかり市民活動ネットワークの理事として協力 子育て支援や市民活動に関する活性化講座等の企画手伝い

ひとことPR

障害児(者)不登校児の家族が安心して相談でき、子どもが笑顔で過ごせる居場所の提供しています。
一度気軽に立ち寄ってみてください! あったか~い家庭的な居場所です。
~自立支援のお手伝い、相談、心のケアなどホッと一息つける場所を目指して~

代表者名

原田 幸子

代表者役職

理事長

担当者名

原田 幸子

担当者役職

理事長

主たる事務所

山口県光市島田6丁目5番1号

住所

〒743-0063 光市島田6丁目5-1

電話番号

0833-57-0083

FAX

0833-57-0083

メールアドレス

child_hinatabokko@ab.auone-net.jp

設立年月日・発足年月日

2015/05/09

法人設立年月

2016/12

前年度決算総額

10万円未満

法人設立年月

2016/12

会員数

13名

会費

年会費1,000円(新年度から年会費3,000円

会員資格

・発達障害児(者)、不登校児の気持ちを理解、または理解しながら関わる努力 してくださる方で基本子どもが大好きな方。
・発達障害児(者)、不登校児のお子さんがおられ、ひなたぼっこで一緒にサポートしていける保護者。

広報

ホームページを立ち上げるまでは、Facebookで、その他4か月に1度ひなたぼっこ便り、市の広報等に掲載など

活動目的

 障害や不登校及びその周辺の困難を抱える当事者と、その家族、支援者を対象に必要なサポート事業を行い、地域社会への啓発事業に取り組みながら、障害児(心のケアを必要とする不登校、引きこもりを含む)とその家族が、安心して生活できる地域社会を創ることに寄与することを目的とする。

設立の経緯

子育て支援ボランテイア団体チャイルドハウス「ひなたぼっこ」は、光市で実施している学童保育や児童館において、様々な理由で利用しづらい子ども(障害児や不登校児)やその保護者を対象にした子育て支援の居場所としてチャイルドハウス「ひなたぼっこ」を開設し、子育て家庭のサポートをしていきたいと考え、2年前より立ち上げました。
私たちの住む光市においては学童保育(各市立学校の敷地内や校舎内の併設)について、様々な理由で利用しづらい子ども達が増えてきている実態から、障害児や不登校児やその保護者の方を対象にした子育て支援をする拠点施設を開設し、利用者が住み慣れた地域で安心して育ち、一社会人として地域の中で自立に導ける場や、保護者が安心して相談・交流できる場作りを目指していきたいと考えています。

活動日時

2017年3月までは 開所日(毎水曜日、月2回土曜日)          ファミリーサポートの依頼          臨時開所(依頼があれば随時)          相談サポート随時          不登校の学習支援随時 2017年4月より   放課後等デイ(月~金)予定

特徴

活動団体である