山口県県民活動スーパーネット 山口県県民活動スーパーネット

文字サイズ
背景色
標準

やまぐち県民活動支援センター

山口県山口市神田町1-80防長青年館2階

TEL 083-934-4666
yamas@mbs.sphere.ne.jp

       

助成金情報

独立行政法人 日本芸術文化振興会

この助成事業は募集期間を終了しています。

令和4年度 芸術文化振興基金
舞台芸術・美術等の創造普及活動

対象分野

まちづくりの推進を図る活動まちづくりの推進を図る活動

対象エリア

日本国内

助成の目的

すべての国民が芸術文化に親しみ、自らの手で新しい文化を創造するための環境の醸成とその基盤の強化を図ることを目的に、政府からの出資金、民間からの出えん金を原資とした運用益により、芸術文化活動に対して支援を行うものです。
自由で多様な文化芸術の創造・普及を推進し、文化芸術活動の活性化、発展を図ることを目指し、運営基盤が必ずしも十分ではない芸術団体の活動や採算性の望めない活動等にも配慮しつつ、特に以下のような活動に対して支援を行います。
・優れた実績や豊かな将来性を有する芸術家及び芸術に関する団体の優れた芸術の創造・普及活動
・芸術文化の新たな局面を切り開く先駆的な創造活動

助成金額

助成金の額は、活動の規模及び助成対象経費(選択制)の合計額に応じて定額になります。詳しくは、募集要項の各活動区分、芸術分野のページを参照してください。

対象事業

日本国内で実施される、以下の活動区分(分野・ジャンル)に該当する自ら主催して行う活動が応募対象となります(年度をまたぐ活動は対象となりません。)
◆活動区分
(1)現代舞台芸術創造普及活動(音楽・舞踊・演劇)
(2)伝統芸能の公開活動
(3)美術の創造普及活動
(4)多分野共同等芸術創造活動
※同一の芸術分野に応募できる活動数は、1団体につき1活動です。また、一つの活動を複数の分野・活動区分に重複応募することはできません。
なお、異なる芸術分野や活動区分に別の活動を応募する場合は、1団体2活動を上限とします。


対象者

地域の文化の振興普及に係る活動を行うことを目的として設置された文化会館、文化ホール、劇場、音楽堂、その他の文化施設の設置者または運営者であって、次の①~④のいずれかに該当し、かつ、下記の実績要件を充たすものとします。

(1)現代舞台芸術創造普及活動(音楽・舞踊・演劇)(2)伝統芸能の公開活動  (4)多分野共同等芸術創造活動 共通
①一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人
②特定非営利活動法人(NPO法人)
③上記(1)(2)以外の法人格を有する団体であって、原則として一定数以上の対象分野の実演家を擁する団体又は劇場施設を有する団体
④法人格を有しない団体(任意団体)の場合は、次の要件をすべて充たしていること。
ア 主たる構成員が実演家又は芸術団体であること
イ 定款に類する規約等を有し、次のウ~オについて明記されていること
ウ 団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
エ 自ら経理し、監査する等会計組織を有すること
オ 団体活動の本拠としての事務所を有すること
カ 令和3年11月1日現在、団体設立後1年以上の芸術活動実績を有すること

(3)美術の創造普及活動
①一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人
②特定非営利活動法人(NPO法人)
③上記(1)(2)以外の法人格を有する団体であって、原則として一定数以上の対象分野の実演家を擁する団体又は劇場施設を有する団体
④法人格を有しない団体(任意団体)の場合は、次の要件をすべて充たしていること。
ア 主たる構成員が実演家又は芸術団体であること
イ 定款に類する規約等を有し、次のウ~オについて明記されていること
ウ 団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
エ 自ら経理し、監査する等会計組織を有すること
オ 団体活動の本拠としての事務所を有すること
カ 令和3年11月1日現在、団体設立後1年以上の芸術活動実績を有すること
⑤責任を持って活動を遂行する能力と意欲を有する芸術家個人(ただし自ら制作した作品の公演・展示に限る。)

◆実績要件
(1)現代舞台芸術創造普及活動(音楽・舞踊・演劇)
平成30年11月20日~令和3年11月19日の3年間に、応募分野において日本国内で自ら主催する有料の公演を1回以上実施していることが要件になります(提出された実績資料で確認します。)。応募団体が企画・制作した公演であっても、応募団体が主催していないもの(第三者から依頼を受けて行った公演等)は、実績に含みません。音楽分野の室内楽や舞踊分野の活動を行う団体が、同一の構成員で団体設立以前にグループ等で活動を行っていた場合は、その実績も算入することができます。
なお、令和2年2月1日~令和3年11月19日の間に実施を予定し、新型コロナウイルス感染症の影響により中止された公演については、開催実績として算入することができます(実績は、提出された実績資料(チラシや企画書等)で確認します。)。

(2)伝統芸能の公開活動
過去に応募分野において、日本国内で自ら主催する有料の公演を実施した実績がある団体とします(提出された実績資料で確認します。)。応募団体が企画・制作した公演であっても、当該団体が主催していないもの(第三者から依頼を受けて行った公演等)は、実績には含みません。
なお、令和2年2月1日~令和3年11月19日の間に実施を予定し、新型コロナウイルス感染症の影響により中止された公演については、開催実績として算入することができます(実績は、提出された実績資料(チラシや企画書等)で確認します。)。

(3)美術の創造普及活動
過去に日本国内での自ら主催する美術に関する展示を実施しているものとします(提出された実績資料で確認します。)。なお、令和2年2月1日~令和3年11月19日の間に実施を予定し、新型コロナウイルス感染症の影響により、中止された活動については、上記の実績として算入することができます。

(4)多分野共同等芸術創造活動
団体や団体の構成員又は芸術家個人が、過去に日本国内での芸術の創造普及に係る活動を自ら主催した実績を有するものとします(提出された実績資料で確認します。)。応募団体や個人等が企画・制作した公演であっても、主催していないもの(第三者から依頼を受けて行った公演等)は、実績に含まないものとします。
なお、令和2年2月1日~令和3年11月19日の間に実施を予定し、新型コロナウイルス感染症の影響により中止された公演・展示等については、開催実績として算入することができます(実績は、提出された実績資料(チラシや企画書等)で確認します。)。

募集期間

2021年11月1日(月)から2021年11月19日(金)まで 17:00

申込み・応募方法

団体情報を登録した上で、要望書データ及び添付書類をアップロードしてください。
詳細は募集要項をご覧ください。

※応募方法・要望書の記入等について不明な点があれば、電話又は e-mail にて御相談ください。令和3年10月29日(金)まで御相談を受け付けております。

問い合わせ先団体情報

問い合わせ先団体名

(独行)日本芸術文化振興会

担当者名

基金部 芸術活動助成課

郵便番号

102-8656

住所

東京都千代田区隼町千代田区隼町4-1

電話番号

(平日10:00~~18:00 土日、祝日を除く)
音楽 03-3265-6077、6213
舞踊 03-3265-6192、6045
演劇 03-3265-6365、6305
伝統芸能 03-3265-6394、6338
多分野 03-3265-6045、6178
美術 03-5213-4175 メールは chiiki-nt@ntj.jac.go.jp(地域文化助成課)

FAX

03-3265-7474

メールアドレス

geijutsu-nt@ntj.jac.go.jp

参考URL

https://www.ntj.jac.go.jp/kikin/lp/2021/bosyuu.html